HOME >  ピアノ修理・調律 >  鍵盤ブッシング・クロス張替修理

鍵盤ブッシング・クロス張替修理

修理のお見積もりはこちらからどうぞ。

フロント・ブッシング・クロス ブッシング・クロス張替

鍵盤表・裏側に赤いブッシング・クロス(カシミア)という布が貼ってあります。このクロスとクロスの間にバランス・ピン、フロント・ピンが刺さっています。摩擦を少なくし、スムースな鍵盤上下運動が可能になるようにクロスを貼っています。練習量が多いと摩擦によりクロス表面が磨耗します。ほおっておくと鍵盤のがたつき、運動動作に影響しますので張替ます。蛾の幼虫がクロスを食い荒らす場合も多いです。

磨耗したクロスを蒸気で完全に除去し、新しいクロスを張替ます。当社では最高級のレンナー社製クロスを使用しています。

ニカワなべ ニカワなべ

クロスを貼る接着剤はボンドやセメダイン等は使用してはなりません。必ずニカワを使用します。ニカワを溶かす湯銭温度は60~70度前後で絶対に沸騰させてはいけません。接着力が落ちてしまいます。そのためニカワ専用の温度を一定にするサーモスタット付きのグルー・ポッドを使用します。

張り替えられたクロスです。
ブッシング・クロス張替片側 28,000円
両方とも 50,000円 (レンナー社クロス)
一部張替のみの場合  1,000円~
(アップライト・グランド)

消音ユニットの取付はこちら
ピアノの修理・調律・選び方までお気軽にご相談下さい。無料アドバイス。042-793-0956 24時間受付OKメールでのお問い合わせはこちら